メニュー ホーム

自営業の人がクレジットカード審査に通る方法

自営業の人はなぜ不利なのか?

自営業の人は、クレジットカードの審査で不利になると言われています。その理由は、自営業の人は事業に失敗すると一気に収入がゼロになってしまうリスクがあるからです。給与所得者なら、雇用保険に加入していますので、失業してもしばらくは失業給付をもらうことができ、その間に次の仕事を見つけることができます。正社員なら退職金がもらえる場合も多いです。自営業の人はこのようなセーフティーネットがなく、事業に失敗すると一気に破綻してしまうというリスクがあるので、クレジットカードの審査では不利になります。

自営業の人は年収でも不利になる?

自営業の人は、税金対策で実際よりも年収をかなり低めに申告している人も多いです。実際には正社員と変わらないお金を稼いでいても、通常確定申告書に書かれている年収はそれよりも低めになっています。クレジットカードの審査ではそのような事情までは見られませんから、単純に年収が低くなっている自営業の人はその意味でも不利になってしまいます。確定申告で年収を高めに申告するということもできますが、クレジットカードの審査に通るためだけに支払う税金が増えるというのは割りに合わないでしょう。

自営業の人がクレジットカード審査で通るためには

クレジットカードの審査では、年収や勤務形態だけでなく、勤続年数、個人信用情報や他社からの借入状況などの項目が総合的に審査されます。不利な項目が1つや2つあっても、他の項目で挽回することも可能だということです。自営業の人は、クレジットカードやローンの返済を期日まできちんとしておき、良好なクレジットヒストリーを築くようにしておきましょう。また、クレジットカードによって審査の基準は異なるので、ネットの口コミなどで審査が通りやすいと言われているカードに申し込むようにするといいかもしれません。

決済代行は便利なだけではなく、自分の個人情報を守っていくことが出来るという特徴があります。海外通販などをするときも役立つのです。

カテゴリー:未分類

admin