メニュー ホーム

労務担当として社員がやる気をおこす施策を考えること

法律を守らせるだけが仕事ではない労務担当

会社の労務担当としては、労働基準法に基づき社員を管理するのは当然のこと、社員のやる気をあげて業績をあげるための仕組みを考えると言う仕事があります。社内的なルールを決めて社員に規律に従い働くように仕向けることは法律として基準があるために、それを社内環境にあったスタイルにあてはめるだけで済み、特段アイデア等が必要になることは少ないです。反面、社員のやる気をおこなせる方法を考えることは非常に難しいことです。

社員のやる気を持続させる方法

社員のやる気が会社の成長のエンジンになることは当然のこと、そのやる気を持続させるためにどのようにしたらいいのか、アイデアを考えることも労務担当としては重要な仕事になります。単純に給与を増やすことでやる気を持続させる方法もありますが、会社としては経費がかかるためにそのようは方法をできるだけ避けたいと考える経営者が多いために、給与を全体的に増やすことなく社員のやる気を持続させるのは労務担当の腕の見せ所になります。

全ての社員が頑張れる環境作り

会社の業績を向上させることを第一義と考えて、社員各人に目標を持たせてその達成度合いによってインセンティブを与えるという方法もひとつです。全員に均等に給与を増加させることなく、頑張った人だけにはそれ相応の報奨を与えることもできるだけ経費を抑えた形でおこなうことが可能になります。また目標を達成できなかった人も巻き返しができるようにすることや、社員誰でもまた頑張ろうと思える環境を作ることが労務担当として重要な業務です。

10人未満の会社では、役所への就業規則の届出は不要です。自分で作成する場合はいかに自社の特性に合っているか確認しましょう。更にマイナンバー制度が開始されたため、個人情報に関する規約も重要になります。

渋谷の社労士とは
関連サイト

カテゴリー:未分類

admin