メニュー ホーム

火災保険は不動産会社まかせではダメ!その選び方は

火災保険も様々な種類あり!まず補償内容を確認

以前は住宅購入の際、不動産会社から勧められるままに火災保険に加入し、その契約内容や金額については特に比較検討しないで契約してしまったケースが多かったようです。保険により万が一に備えるにしても、発生する可能性が少ない災害の分まで補償して高い保険料を支払う前に、その建物の立地条件を検討し、適正な火災保険を選ぶことが大事なことです。その目的物の住宅に関して建物、家財とその補償範囲や、火災、水害、落雷、爆発、風災など災害の種類など必要な保障の範囲は様々な違いがあります。最近の火災保険はその建物の条件や予算に応じて様々な種類のものを商品として発売しています。どこまでどれだけ補償が必要かまた予算とあわせて十分確認して火災保険を選ぶことで随分お得となる場合があります。火災保険は補償内容を調べて比較検討して選ぶことが大事です。

火災保険の契約内容の改定

最近頻発する自然災害の影響を受けて2015年10月に火災保険の10年以上の長期契約の引き受けが停止となりました。これは契約期間が長期のものほど火災保険料の割引が大きくなり保険料が安くなっていたものを修正し、実質保険料の値上げともなる処置が施されたことになります。その分地震などの災害に対応可能な部分が手厚くなるなど、火災保険を必要する顧客のニーズにこたえられる保険商品の種類が増えています。火災保険の特約オプションで自分に必要な補償を選べる保険が多くなっており、その検討をしっかりおこなうことが重要です。

火災保険比較検討で少しでもお得な契約を!

住宅などの建物の火災保険は火災による被害はもちろんのこと、地震、水害、落雷、爆発、風災など様々な災害による建物、家財の被害に対しての保証となり、いざという時の安心は大きなものとなります。しかし必要な建物の補償は個々に様々な違いがあるはずです。昨今これだけ発生する自然災害に対して必要な備えは重要となってきます。しかし例えば、内陸部で河川から離れた場所にある建物の水害のリスクなど発生の可能性の低い災害の補償を薄くするなど、建物の立地条件をよく検討し、少しでもお得な契約内容とすることが火災保険の賢い選び方となるのではないでしょうか。

火災保険は加入をしておくと住宅や家財が被害を受けた場合に、補償をして貰うことが出来るのでメリットは大きいです。

カテゴリー:未分類

admin