メニュー ホーム

こんなの知ってる?信用取引の意外な運用方法

信用取引には様々な可能性がある

空売りが行えるようになる信用取引は、株取引において利益が出るチャンスを拡大してくれます。しかし、信用取引単体では損失が出る可能性も高くなるため、よほどの理論や熟練の腕が無ければ利益を出し続けることは難しいと言えます。従って、信用取引をするに当たっては、現物取引と併用するのが良いとされ、利益確定やリスクコントロールなどに活用されています。信用取引は運用手法を増やしていけば、それだけ可能性が広がる有用な株取引でもあるのです。

信用取引を「指標」として活用する

信用取引は、直接運用せずにその動向を確認していくだけで利益が生まれるチャンスを与えてくれます。制度信用取引は運用コストが安い分、返済期限が決められています。大量の銘柄を扱う機関投資家などはこの制度信用取引も多く手がけますが、株取引における出来高が膨らんだ時期から3ヶ月後にはこの時に運用され始めた信用取引の建玉が強制決済されるため、大きく株価が動いてくる可能性があります。これを見越して反対売買を仕掛けると、大きく儲かる場合があるのです。

信用取引で株主優待をタダで獲得する

他に信用取引を利用して得をする方法として、株主優待を無料で獲得するものがあります。方法としては株主球体の権利落ち日をまたいで、優待がもらえる銘柄を現物取引と信用取引で同時に保有しておくだけです。権利落ち日を過ぎると株価は大幅に落ち込んでしまいますが、信用取引で空売りしておけばその下落分が利益になるため、損利が相殺されて損失が出ることはありません。手数料と金利だけでほとんど手出しすることなく、株主優待を得ることができるのです。

信用取引にはメリットが大きく3つあります。所有しているお金以上の株を買えること、株価が下がったときにも利益を出せること、株主優待を使えることです。

カテゴリー:未分類

admin