メニュー ホーム

手間を考えると弁護士費用は実は格安なのです

自分で申請すれば3万円でも茨の道

自己破産手続きを行うには、裁判所へ出向き手続きに必要な説明を聞いて書類を受取り、申請書と陳述書を作成する必要があります。債務状況を申請書類に記載するために債権者全てから取引履歴を取り寄せる必要があり、金利引き直し計算も行うことになりますがこの時点でほとんどの人は挫折しますよね。弁護士に自己破産手続きを依頼すると、手間がかかる手続きを代理人の立場で行って貰えるので実質的には割安に感じられます。いくら自分で手続すれば費用が3万円前後で済むことが分かっても、滞納中の債権者に立ち向かう気力と時間は残っていないでしょう。

債務調査は慎重に行い金利計算もしっかりと

弁護士へ依頼すると全ての債権者へ受任通知を送付してもらえます。受任通知を受け取った金融業者は、本人に対する督促が禁止されるので生活を立て直す時間を得ることになります。債務調査を行い金利計算をする段階で、消費者金融のうち借入期間が長い業者については過払い金が発生している可能性を考慮して金利引き直し計算を行う必要があるのですよ。過払い金が見つかればその時点で返還請求訴訟を行う必要があります。債務額を確定させるために必要な作業となるので、最初から弁護士に依頼すると一連の作業を全て代理出来て便利ですよね。

自己破産手続きでかかる弁護士費用は分割払いも可能

自己破産手続きを依頼する場合には、弁護士費用として着手金と成功報酬が必要になります。近年、多くの弁護士事務所では自己破産手続きの依頼者はお金が無いことが分かっているので、費用を分割払いに応じている弁護士事務所もあります。法テラスを利用して弁護士を紹介してもらった場合には、法テラスによる立て替え払い制度を利用することも可能ですよ。弁護士は個性が強い職業のために本人にとって合う合わないがあるので注意が必要です。信頼のおける弁護士を依頼した方が手続きはスムーズに進むので、分割払いを利用可能な弁護士事務所を探して納得した上で契約すると良いでしょう。

自己破産は誰でも申請可能で、申請すると債権者が取り立てをすることは禁止され、直接の訪問や催促電話など、一切の取り立てが停止します。

続きはこちら
任意整理が見つかる

カテゴリー:未分類

admin