メニュー ホーム

今年こそは合格する!忙しくても宅建イロイロ勉強術

仕事をしながらでもムリなく勉強

資格を取るための勉強時間は、社会人ともなると学生の頃のように十分には取れないものです。学校に通えない多くの方は、昼間は仕事、夜は遅くまで勉強、の生活ではありませんか?これでは、疲労とストレスで気持ちが続かない、となってしまっても無理はありません。そこで、普段の生活の中から時間を作り出してみてはいかがでしょうか。心強いのは、CDの解説付きのテキストです。手が空いていなくても、ながらでも勉強は可能です。通勤時間に聞く、お風呂の中で聞く、歯磨きをしながら聞く、など、目だけでなくスキマ時間に耳から入れて、試験に出てくる用語が少しでも身近にあるようにしてみましょう。

少しの積み重ねを長く続ける

休日にまとまった時間を取って一気に勉強するよりも、1日10分の勉強を毎日続ける方が力が付きます。毎日1時間勉強する、と決めて始めてみたものの、ある日残業で勉強する時間が取れなった。毎日の目標を破ってしまって自己嫌悪になってしまい、それからは何かと言い訳をして続かなくなってしまった、という良くないパターンには陥りたくないものです。1日10分であれば、ハードルが低くなって日々の目標を達成しやすくなります。その中で、今日は時間がある、という日には多めに勉強してみて下さい。小さな目標の達成が、宅建合格という大きな目標へとつながるのです。

インプットしたらアウトプット

試験勉強におけるインプットは、テキストなどでの学習です。アウトプットは、問題を解くことになります。頭に入れて、その結果を頭から出す、という作業です。実際の試験は、アウトプットがいかにできるか、になりますので、日ごろから身につけた知識を、問題を解いて試しましょう。もし、家族や友人に頼めるなら、クイズのように問題を出してもらうのも、思わぬエピソードが加わって効果的です。また、時には環境を変えて勉強をしてみてはいかがでしょうか。分からなくなった時に、その時の景色や時間で思い出すこともあるものです。辛いと思われがちな勉強ですが、思考を変えた勉強法で、長い勉強期間を乗り越えていきましょう。

宅建の資格は、非常に難易度の高い資格としても知られています。そのため、宅建の資格を取得するなら宅建の講座を受講すると良いでしょう。

カテゴリー:未分類

admin