メニュー ホーム

税理士になりたいと思っているならば!勉強をしましょう

簿記資格を持っていることが大事

税理士資格というのは、簿記の資格がまずはある必要がある時が多いです。これは要するに受験資格として必要になるからです。日本商工会議所、というところがやっている簿記検定が日本では最も権威があります。これの一級が税理士試験の受験資格の一つになっています。税理士試験というのは、実は沢山の資格があります。受験資格がいくつもあり、そのどれかを満たしていれば良いのですが、その一つが日本商工会議所簿記検定の一級なのです。

肝心の試験内容について

税理士試験というのは、必須科目と選択必須科目と選択科目があります。これは科目別に受験することができます。一度に複数の科目を受けることができますが、一科目でもよいです。言うまでもありませんが、一年で合格できる人は少ないです。普通は複数年をかけて合格することになります。ちなみに一度合格した科目はそのままずっと使うことができるようになっています。要するに一生有効である、ということになります。科目合格ですから、アピールできます。

どれから受けるべきなのか

科目は好きな物から受験することができるようになっていますが、大抵の場合は簿記論になっています。これが最も基本的なことを勉強することになるからです。それと財務諸表論も必須科目であり、こちらもまずは取得することが多い科目になっています。細かい選択科目などはかなり得意不得意がわかれることになりますから、よくよく考えたほうが良いでしょう。選択科目などはすべて取得する必要があるわけではないのです。得意な物にすればよいのです。

税理士の講座の内容として、税法や会計学、財務諸表など、広い範囲のカリキュラムが組まれており、苦手な科目を重点的に学習することもできます。

カテゴリー:未分類

admin